第5回日本甲状腺病理学会

7月8日(土)に第5回日本甲状腺病理学会が開催されます。

場所は、なんと再びの長崎!!長崎大学良順会館にて行われます。

当院からは4演題を提出し、一般演題をジャックしています(笑)

廣川先生:IgG4陽性形質細胞の出現を特徴とするワルチン腫瘍様乳頭癌

林先生:Clinicopathological features of needle tract implantation following thyroid fine needle aspiration cytology

鈴木技師:甲状腺原発リンパ腫の生物学的特性

高田技師:Papillary thyroid carcinoma with desmoid-type fibromatosis: A clinical, pathological, and immunohistochemical study of 14 cases

症例検討も8演題あり、盛り上がりの予感です。

最新記事
アーカイブ
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now